スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | スポンサードリンク | - | | - | - | - |
    入籍しました。
    0
      久しぶりのブログアップです。

      突然ですが、本日2011年12月19日に入籍致しました。
      彼と出会うまで結婚の「け」の字も無かった私なので周りの友人を初め、家族や親戚にも色々と驚かせて心配もかけております(笑)

      彼との出会いはこの間インタビューされたこちらをご覧いただければ…(笑)



      今日は本当にたくさんの人からおめでとうの言葉を頂きました。
      改めて、人と人が繋がる縁を本当に素晴らしいと感じています。
      一人でここまできたんじゃなく、たくさんの人、たくさんの言葉に支えられています。
      この先もそうありたいと心から願っています。
      その為にもやっぱり、人に優しく、何よりもこれから人生を共にする彼のことを誰よりも大切にしていきます。



      星の数ほどの人の中で彼と出会えたことを心から感謝します。
      そして、この先何かあっても今のこのブログを読み返し大切なモノを再認識して二人で助け合っていきたいと思います。


      どうぞ、これからもよろしくお願いします^^
      | kirico | *プライベート | 21:51 | - | trackbacks(0) | - |
      0
        夜空を見上げて願うよ
        明日も笑顔でありますように


         
        | kirico | *作品集 | 21:38 | comments(0) | - | - |
        お知らせ
        0
          500:gというサイトで優秀賞を頂きました。
          是非、御覧ください。


           http://500g.sephirot.co.jp/contents/result


          | kirico | *プライベート | 21:05 | comments(0) | - | - |
          0
            指の先が

            触れた瞬間を覚えている

            もう一度触れたいと願っている

             
            | kirico | *作品集 | 21:30 | comments(0) | - | - |
            0
              優しい気持ちが伝わって

              優しい気持ちが生まれた

              ずっとずっと永遠に

              優しくありたいと思った


               
              | kirico | *作品集 | 23:00 | comments(0) | - | - |
              祖母の命日
              0



                今日は祖母の命日。



                なのだ。





                祖母が危篤だと連絡があって、

                無理やり仕事を休ませてもらい九州へ飛んだ。

                着いたその日、祖母はまだ頑張ってた。

                時々、自力で痰を吐けないから看護師さんが何度も
                祖母の鼻から管を通して痰を吸い取っていたが、
                意識のない祖母がその時だけもがき苦しんでいた。

                その姿を見るのが辛かったなぁ。


                その夜、私は母と叔母と一緒に祖母に付き添い病院で過ごした。

                真夜中の病院。眠れるわけも無く。

                廊下に出ると、あちこちから心電図の音。

                廊下に映ったグリーンに光る非常口のピクトグラムが異常に印象に残っている。


                元気だった時も既に痴呆が進んだ祖母はもう私を覚えていなかった。

                だけど、仕事やなんだかんだと理由をつけて会いにこなかった事を考えた。


                ごめんなぁ。



                翌朝、母と叔母は病院の食堂へ朝ごはんを食べに行くと行って出て行った。

                祖母の横の簡易ベッドに横たわりながらじーっと祖母を見てた。

                色んな管が通され動かされている姿を見て、

                人の一生ってどういうものなんだろうなんてことを思ったりした。


                その時、病室に看護師さんがバタバタと駆けこんできた。

                心電図に変化が出たらしい。

                「ご親族の方は?」と言われその時が来たのだと確信した。

                すぐに母と叔母に連絡し、一時帰宅した他の家族にも連絡したが、

                その直後、私の目の前で祖母は息を引き取った。


                祖母を動かしていた管が静かに全て抜かれた。

                母が

                「頑張ったんねー、気持ち悪かったやろーも、もう全部取ってるきねー」

                って祖母に話しかけていた。


                祖父とはその後に顔を合わせたのだけど、

                祖母より5歳も年上の祖父はしっかり元気で変わらない笑顔を私に向けてくれた。

                祖母がいなくなって、どんな事を考えてるのだろう。

                何十年も一緒にいた人がいなくなるってどんな気持ちなんだろう。

                そんな事を考えながら、一緒に家まで帰った。


                その後は、あまり長居もできないのですぐにお通夜、葬儀、略式で全て済ませた。

                色んな事が初めてで何をどうすればいいのか分からなかったが、

                ずっと寝ていない母や伯母2人の事も心配で出来ることは姉や従姉妹と協力してした。


                夜、伯母がお葬式の時に読む手紙を書いていた。

                書きながら「こうやって文章にすると泣けてくるねー」って言いながら泣いていた。


                翌日、朝から葬儀場で親族が集まり食事を交わした。

                葬儀で伯母が手紙を読んでいる時、昨夜の伯母を思い出して涙が出てきた。



                おばあちゃん、


                おばあちゃんの部屋を覗くと、いつもおじいちゃんと仲良く二人で、


                私たちの写真を眺めたり色んな話をして笑ってたこと


                台所に一緒に立って夕飯を作ったこと


                大阪に来てくれた時に作ってくれたわらび餅が美味しかったこと


                小さい時、姉弟ゲンカをして良くおばあちゃんに叱られたこと


                私が生まれたとき、おばあちゃんに抱っこされた私は

                ずっとケラケラ笑ってたって話を母から教えてもらったこと


                遊びに行くといつも玄関の向こうのつい立てに片手を置き、

                「ほぉ、きりちゃんね、遠いとこよーきたねー、あつかろーも」


                って、ニコニコとこっちを見て話す姿



                あぁ、今でも全部思い出せるよ。


                おばあちゃん、

                私のおばあちゃんでいてくれてありがとう。


                家族との時間が失ってからじゃ遅いんだってこと、おばあちゃんに教えてもらったよ。

                これからも大切にしていくからね。



                あと、今日はお姉ちゃんの誕生日でもあるから

                おばあちゃんも空からおめでとうって言ってあげてなぁ。

                私はさっき本人に催促されたからもう言ったよ(笑)

                | kirico | *プライベート | 00:17 | comments(0) | - | - |
                0
                  もう少し 大人になれたなら

                  君の涙を 見ずにすんだのかもしれない

                  もう少し 大人になれたら

                  この想いを 伝えることができるのに



                   
                  | kirico | *作品集 | 22:36 | comments(0) | - | - |
                  0
                    メモ書きしたレシートを

                    いつまでも宝物にしてる

                    君が一番初めに

                    僕に見せてくれた

                    君の文字




                     
                    | kirico | *作品集 | 19:46 | comments(0) | - | - |
                    0
                      難しいことは考えないで

                      目の前のHAPPYだけを

                      君と一緒にいつまでも




                       
                      | kirico | *作品集 | 22:10 | comments(0) | - | - |
                      只今製作中。
                      0
                         


                        | kirico | *ちょっと休憩 | 21:29 | comments(0) | - | - |